「ピックレビュー7」ピックボーイのステンレス製ピック使ってみた

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

変わったピックを探している人

ピックボーイのステンレス製ピックの使用感について気になっている人

ステンレス製のピックの使用感について気になっている人

話しのネタが欲しい人等

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「ピックレビュー7」ピックボーイのステンレス製ピック使ってみた」という話です。

今回はピックボーイのステンレス製ピックについてレビューしていきたいと思います。

わたしのメインのピックは長い事ピックボーイのハイモジュラスで固定されているのですが、一時期興味本位でステンレス製ピックにも手を出しておりました。

その流れの中で手に入れたのが今回取り扱う「ピックボーイのステンレスピック」なわけです。

結論から言うと、本ピックは、主に音質面で癖が強くて少し扱いにくいピック」って印象ですね。

ただ、音に個性が欲しい人にはおすすめかもしれません。

ちなみに、ギターのピッキング速度をBPM300の16分以上の速さにしたい人は、よかったらわたしのnoteを参考にしてみてくださいな。

では、ゆるりとおおくりします。

ピックボーイのステンレス製ピックのスペック

まずは、ピックボーイのステンレス製ピックのスペックについて軽く確認してみましょう。

ピックボーイのステンレス製ピックのスペックについては以下の通り。

・材質:ステンレス

・形状:ティアドロップ

・厚さ:0.6㎜、0.8㎜

・価格275円(税抜き)

※筆者が当記事で検証しているのは、0.6mm。

ふむ、材質がステンレスという点以外は取り立てて言うほどの特徴はないようですね。

あとは、やはり一枚当たりの価格がかなり高めです。

まあ、そりゃあプラスチックではなくて金属ですもんな。

そういえば、クイーンのギタイリストであるブライアン=メイ氏は硬貨をピック代わりにして弾いていたりするんですよね。

それを考えると、今回のピックボーイのステンレス製ピックのような金属性ピックの中にはブライアン=メイ氏の奏でるようなサウンドを出せる逸品が存在するのかもしれませんなあ、、、。

そう考えると、少し金属製ピックを探求してみるのも面白いかもしれませんね。

ちなみにネットで検索したところ、日本の硬貨の場合、5円硬貨と10円硬貨、100円硬貨がサウンド面で実践向きみたいですよ。

気になる人は試して、、、いや、それをすると貨幣損傷等取締法の規制対象になってしまいますから、、、やめといた方がいいでしょうな。

ピックボーイのステンレス製ピックの音の特徴

ピックボーイのステンレス製ピックで弦を弾いた際に出る音の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

・高音が非常に強調されてキンキンしている一方、中低音、特に低音成分が少ない

・音が全体的に軽い

・ピッキングスクラッチの音が強烈でエグすぎる

本ピックは材質がステンレスなので仕方ないのですが、本当に音が特徴的です。

わたしのメインで使っているピックボーイのハイモジュラスもかなり高音が強調されるピックではありますが、その比ではありませんね。

それでいて中低音成分が大分カットされているので、人によってはかなり耳障りな音をしているといえそうです。

ただ、ピッキングスクラッチは非常に強烈な音がするので、ライブで強烈な一発を放ちたい人は向いているかもしれませんなあ。

でも、本ピックのサウンドは癖がありすぎて、汎用性には乏しいですね。

3、ピックボーイのステンレス製ピックでの弾き心地ってどないやねん?

ピックボーイのステンレスでの弾き心地等について感じたことを列挙すると以下の通り。

・1~3弦の弦離れは非常に良いが4~6弦はかなりざらざらした感触がある

・トレモロの速度を比較的短時間でトップスピード付近にまで持っていきやすい

本ピックの弾き心地について特筆すべき点は、何といっても「1~3弦では弦離れが非常に良くピッキングしやすいが4~6弦になると途端に抵抗が大きくなって弾きにくくなる」と言うものでしょう。

このような特徴のため、繊細な指先の操作が必要になるテクニカルなプレイには向きません。

よほど技術面で余力がある人が、「ステンレスピック特有の音質を利用しないとこの楽曲で伝えたいことは表現できんのだ!」とでも思わない限り、使わないのが無難だと思います。

まあ、サウンド面での話と同じですが、汎用性には乏しいですよね。

ピックボーイのステンレス製ピックはどんなプレイに向いているのか?

ピックボーイのステンレス製ピックは、弾き心地という点でいうなら、「4~6弦といった低音弦でなければ特に摩擦が大きいわけではなく扱いにくい印象はない」です。

そのため弾き心地の観点から言えば、別に演奏ジャンルを選ぶとは思えません。

ただ、サウンド面はやはり本ピックの材質がステンレスと言う事でかなり独特で尖った音がしますからジャンルによっては向き不向きがあるでしょう。

メタルやロックなら普通にありだと思います。

ただ、ジャズやフュージョンにはあんまり向いてなさそうな気がしますねえ。

少なくとも、丸みのある音が好きな人と、こうした金属製のピックとの相性は最悪である可能性があります。

ピックボーイのステンレス製ピックの評判はいかに?

では、最後にピックボーイのステンレス製ピックの評判を見てみたいと思います。

ふむ、やっぱ使用者は少ないようですねえ。

まあ、そりゃそうですよな、だって音も弾き心地も特殊すぎますもんね。

おわりに

この記事は「「ピックレビュー7」ピックボーイのステンレス製ピック使ってみた」と題しておおくりしました。

ピックボーイのステンレス製ピックは、ステンレス製と言う事もあってかなり癖のあるサウンドをしているのでかなり好みが分かれますし、使えるジャンルも制限されることが予想されます。

また、4~6といった低音弦側になると急激に弦からの抵抗が増えることを考えると、テクニカルなプレイをするギタリスト諸氏にもお勧めはできません。

んー、やっぱ金属製ピックって扱い難しいですねえ。

とはいえ、もしかしたら、例外的な金属製ピックもあるかもしれませんから、今後も探求は続けていこうと思います。

では!

参考記事等

ピックの材質によって音や弾き心地はどう変わるのか?

ピックの形状や厚さによって音質や弾き心地はどう変わるのか?

参考

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A4

https://www.mof.go.jp/faq/currency/07ag.htm


紅茶ランキング
オンライレッスンのパイオニア「THE POCKET」

THE POCKETは、10年以上もの指導実績と高い顧客満足度(約97%)を誇るオンラインギターレッスンのパイオニア的存在です。

オンラインレッスンに最適化したわかりやすい指導内容と厳選された講師陣が、あなたのギタースキルをあげてくれるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事