「ピックレビュー10」クレイトンのウルテムピック0.45㎜使ってみた

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

クレイトンのピックの使用感について気になる人

いろんなピックを試してみたい人

話しのネタが欲しい人等

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「ピックレビュー10」クレイトンのウルテムピック0.45㎜使ってみた」という話です。

今回レビューしていくピックは、クレイトンのウルテムピック0.45㎜になります。

本当は0.38㎜をレビューするつもりだったのですが、あいにく近所の島村楽器になかったので0.45㎜でレビューしていく次第。

まあ、ここまで薄いともはや0.07㎜とか誤差でしょ(乱暴)。

最初に結論から言っておくと、クレイトンのウルテムピック0.45㎜は、

「ギタード初心者がピッキングの感覚を身に着けるための第一歩として利用するか、コード弾き主体の人にしかおすすめできない」

です。

いやあ、なっかなか癖つよなピックでしたよ。

ちなみに、ギターのピッキング速度をBPM300の16分以上の速さにしたい人は、よかったらわたしのnoteを参考にしてみてくださいな。

では、ゆるりとおおくりします。

クレイトンのウルテムピック0.45㎜のスペック

まずは、今回取り上げるクレイトンのピックのスペックについて見てみるとしましょう。

・形状:とライアンゲル

・材質:ウルテム

・厚さ:0.45㎜

・価格:110円(税込み)

今回は「めっちゃ薄いピックで弾くとどんな感触なんだろうか?」と言う事を検証するために、非常に薄いピックを選んできました。

ただ惜しむらくは、ウルテム製のクレイトンのピックには今回の0.45㎜のさらに下に0.38mmがあると言う事です。

本当は、0.38㎜を買ってくる予定だったのですが、近くの島村楽器には0.45㎜までしかなかったんですよね。

まあとはいえ、0.07㎜差なのでそこまでは変わらない、、、と言う事にして、検証していきたいと思います!!

ちなみに、ギター初心者の方は、ピックが弦に負ける感覚をつかむまでは、クレイトンのウルテム製ピックの0.8㎜を使うことがおすすめです。

クレイトンのウルテムピック0.45㎜の音の特徴

クレイトンのウルテムピック0.45㎜で弦を弾いた際に出る音の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

・高音がやや強め

・中低音の出力が弱め

・アタック音はやや弱め

クレイトンのウルテムピックでピッキングすると、基本的にはやや高音が強調された軽い音が出ます。

いわゆる、抜けのいい音がするって感じです。

そして、アタック音に関しては、エッジの立った尖った音はせず比較的丸い音がします。

クレイトンのウルテムピック0.45㎜での弾き心地等についてはいかに?

クレイトンのウルテムピック0.45㎜での弾き心地等について感じたことを列挙すると以下の通り。

・非常にしなるので硬いピックに慣れている人は少し慣れるまできつい

・弦離れが非常に良い

・ピッキングが軽い力でできる

・アーティキュレーションをつけるには少し技術が必要になるかも

・音量を稼ぐためには技術が必要

・ピックが大きめなので小回りが利きにくい

・ピックの先端が丸いのでスピードが出しにくい

わたしが普段1.0㎜程度のピックボーイハイモジュラスを使っているからでしょうが、「ピックが薄すぎるとやや弾きにくい」印象ですよね。

特に、アーティキュレーションや音量を調節しようとすると、ピッキング技術がある程度身についていないと結構大変な印象はあります。

具体的にいうと、必要に応じてピックを握りこむ深さを変えないといけなくなるといった具合です。

そして、これはトライアングル型のピック全般に言えることですが、「グリップは安定するけど、小回りが利きにくいのでちょっと使いにくい」ですかね。

しかし、逆に「全くのギター初心者」にとっては、「ピックが弦に負ける感覚をつかむための第一歩」としてクレイトンのウルテムピック0.45㎜は最適かと思ったりしますよね。

ただ、このような薄くよくしなるピックをずっと使っていると、将来的にピッキングの技術が育たない気がしますので、個人差はあるでしょうが「弦にピックが負ける感覚」を少しでもつかんだらすぐにでもピックの厚みを増やしていった方がいいと思います。

おそらく、クレイトンのピックでいうなら0.8㎜位の厚さが一番バランスいいと思いますね。 

クレイトンのウルテムピック0.45㎜はどんなプレイに向いている?

クレイトンのウルテムピック0.45㎜は、カッティング主体のプレイをする人、つまりは弾き語りをする人に向いている印象です。

そして、本ピックのような弦離れがよくてしなるピックは、ギターを始めたばかりの人が「ピックが弦に負ける感覚を身に着けるための第一歩」としても有用です。

ただし、トライアングル型のピック全般に言えることですが、トライアングル型のピックはグリップが安定する一方で小回りが利かないので、テクニカルなフレーズを弾くのにはあまり適していないと思うんですよね。

実際、わたしは結構弾きにくい印象でした。

クレイトンのウルテムピック0.45㎜の評判

では、最後にクレイトンのウルテムピック0.45㎜の評判を見てみたいと思います。

ふむ、やっぱり薄すぎるとスピードが出にくくてソロには向いていないみたいですね。

今回のクレイトンの0.45㎜に限ったことではないですが、薄いピックは基本的にコード弾き主体のプレイをする人にしかおすすめできないでしょうね。

おわりに

この記事は「「ピックレビュー10」クレイトンのウルテムピック0.45㎜使ってみた」と題しておおくりしました。

クレイトンのウルテムピック0.45㎜は、実際に弾いてみるとやや高音が強調された音が出る非常にしなるピックです。

上述したように硬いピックに慣れた人からしたら相当弾きにくいですし、アーティキュレーションもつけにくい印象ですよね。

ただし、コード弾き主体の人には向いていると思います。

また、ギター初心者が「ピックが弦に負ける感覚」を身につけるには、もってこいだと思いますので賢く使い分けて行きたいものです。

では!

参考記事等

オンラインギターレッスンならThe Pocket がおすすめ。評判についても調べてみた

ピックの形状や厚さによって音質や弾き心地はどう変わるのか?

ピックの材質によって音や弾き心地はどう変わるのか?

速弾きに適したピックは何か少し考察してみた(エレキギターの場合)

オルタネイトピッキングとは何ぞや?どんなメリットがあるの?

「ピックレビュー8」ESPのウルテムエッジ1.0㎜を使ってみた

ギターを練習するモチベーションをあげるためにするといい事5選


紅茶ランキング
オンライレッスンのパイオニア「THE POCKET」

THE POCKETは、2010年に創立された日本初のオンライン専門音楽スクール

THE POCKETは10年以上もの指導実績と高い顧客満足度(約97%)を誇るオンラインギターレッスンのパイオニア的存在です。

オンラインレッスンに最適化したわかりやすい指導内容と厳選された講師陣が、あなたのギタースキルの向上を徹底サポートしてくれます。

しかも、1レッスン3,200円からなので、一般的な音楽教室の2/3と非常にリーズナブル。

まずは、初回無料の25分体験レッスンを受けてみて、その良さを体感してみて下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事