ルピシアのハニーレモネード飲んでみた。上手いかまずいか検証だ!

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・ルピシアのハニーレモネードの味等が気になる人
・話しのネタが欲しい人等

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ルピシアのハニーレモネード飲んでみた。上手いかまずいか検証だ!」という話です。

今回レビューしていく紅茶はルピシアのハニーレモネードになります。

最近、はちみつ系の紅茶が流行っているようですので、もしかしたらその流れを受けての商品かなって感じがしますねえ。

ただどうも、甘くはないようなので普通にストレートで飲んでいつも通りに評価していこうかと思う次第。

では、ゆるりとおおくりします。

ルピシアのハニーレモネードってどんな紅茶なの?

まずは ルピシアの公式サイトから商品説明を引用してみましょう。

甘いはちみつと爽やかなレモンの香りが広がります。ホットでもアイスでも楽しめる紅茶です。

フレッシュレモンの爽やかな香りとはちみつの甘さが日本でも大人気の、アメリカの伝統ドリンク「レモネード」をイメージしたお茶。

さまざまな種類の紅茶をブレンドした、甘みがありながらもすっきりとした風味がレモンとはちみつの香りを際立たせます。

夏場にはキンキンに冷やしたアイスティーが特に絶品。冬場にはホットレモネードを思わせるホットティーでぜひお楽しみください。

グランマルシェ2019のイベント限定茶がご好評につき、一年中お求めいただける定番になりました。

引用

ルピシア公式

ふむ、どうやらハニーレモネードは当初の予定としてはイベント限定のフレイバーティーだったようですな。

それが人気がすごかったために常設の商品になったという事みたいですね。

最近、ラクシュミーのはちみつ紅茶がSNSで口コミによって人気を博したのを見てもどうもそんな気がしてきます。

最近は本当にはちみつ風味のフレイバーティーが凄く人気です。

ただ、このハニーレモネードに関しては2019年のルピシアグランマルシェ開催(2019年9月~11月下旬)あたりでの話なので、ラクシュミーのはちみつ紅茶が流行る少し前ってことになります。

何なんだろうか、、、、もそそも日本人(主語がデカくてスマン)ってはちみつ風味の紅茶が好きなんだろうか??

どこかそんな気分になってきますねえ。

なお、原材料については以下の通り。

  • 紅茶(原産国インド、スリランカ)
  • レモンピール
  • マリーゴールド
  • 香料

ちなみに、このハニーレモネードは購入に際しての最小単位はリーフだと40gとなっており、通常の50gより少し少なめです。

要は、少しだけ割高だってことですな。

ルピシアのハニーレモネードの味は全体的にスッキリしていて少しビター

では、まずはルピシアのハニーレモネードの味について見ていきましょう。

ルピシアのハニーレモネードの味の大まかな印象は、「全体的に癖がなくスッキリしている」と言った印象です。

渋みはそこそこありますね。

飲み始めはあまり感じませんが、口に含む回数を重ねるごとに感じる事となるでしょう。

苦みも弱いながらもありますが、しつこい感じではありません。

そして、コクはそれなりにあるもののあまり強くはありません。

全体的に爽やかさを意識したビターな仕上がりになっている気がします。

というわけで、 ルピシアのハニーレモネードの味については星3.5ですね。

ルピシアのハニーレモネードの香りはレモン優位で爽やかさが印象的

では、次にルピシアのハニーレモネードの香りについて見ていくとしましょうか。

ルピシアのハニーレモネードの香りの大まかな印象は、「レモン優位の爽やかな香り」と言った印象。

ルピシアのハニーレモネードの香りの主役は、レモンです。

口から鼻に抜けるレモンの爽やかな香りが前面にっており、それを支えるかのようにはちみつの甘い香りとマリーゴールドに由来すると思われるやや渋めの香りが存在しています。

香り同士の強弱関係はおそらく以下のようになるかと。

レモン>はちみつ≒マリーゴールド

レモンとはちみつだけでは、「香りが甘くなりすぎる」訳ですがそこに渋みを感じさせるマリーゴールドの香りが入ることで「甘すぎない落ち着いた香り」となっている印象です。

おそらく、甘い香りが苦手な人にもおすすめできそうですね。

当然ですが、以前取り上げたラクシュミーとティーアースのはちみつ紅茶と比べると違いは明白です。

んー、この香りは結構好きですねえ。

グランマルシェで人気だったのもまあ納得かも。

てなわけで、 ルピシアのハニーレモネードの香りについては星4.3です。

なお余談ですが、ずっと飲んでいると「ん?ちょっとメロンっぽいような香りにも感じるぞ??」なんて思ったりもしました。

ま、ただの勘違いですけどね。

ルピシアのハニーレモネードの残り香は穏やかでさわやか

それでは、最後にルピシアのハニーレモネードの残り香について見ていくとします。

ルピシアのハニーレモネードの残り香の大まかな印象は、「穏やかでさわやか」と言った印象です。

飲み終わった直後は、香り同様レモンが圧倒的に優勢です。

そこからレモンの香りが徐々に弱まっていくと、次第にはちみつとマリゴールドと思われる香りが存在感を増していきます。

ただ、最後までレモンの優勢は崩れません。

残り香も爽快で心地よい余韻にひたれる仕上がりですな。

梅雨のようなじめじめした時期に飲むと幾分気分が晴れるかもしれませんねえ。

という事で、ルピシアのハニーレモネードの残り香については星4.1ですね。

おわりに

この記事は「ルピシアのハニーレモネード飲んでみた。上手いかまずいか検証だ!」と題しておおくりしました。

ルピシアのハニーレモネードの味等については以下の通り。

味:3.5

香り:4.3

残り香:4.1

今回のルピシアのハニーレモネードは、「いかにも甘い」といった香りではなかったので甘い香りが苦手な人にも向いていると思います。

味もそのレモンを主軸とした爽やかな香りにマッチした少し渋みが印象的なビターな味わいとなっていた印象です。

個人的におすすめの飲み方は、やっぱりアイスティーでしょうかねえ。

気分がモヤモヤする時はそんなモヤモヤを吹き飛ばすために飲んでみてはどうでしょうか?

では!

参考記事等


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事