ルピシアのダーチャを飲んでみた。味や香りを検証してみよう。

「ルピシアから出ているダーチャって紅茶があるけど一体どんな味で風味の紅茶なんだろうか?気になるわあ。」

ふむ、どんなもんか見てみよう。

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ルピシアのダーチャを飲んでみた。味や香りを検証してみよう。」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

ルピシアのーチャがどんな紅茶か知りたい人
・変わった紅茶を飲んでみたい人

今回取り上げる紅茶はルピシアから出ている「ダーチャ」という紅茶です。

このダーチャというルピシアから出ている変わり種の紅茶ですが、結構いいと思います。

香りが凄く個人的に気に入ってましてね。

とっても爽やかなんですよ、これ。

ただ、ちと味に関しては渋みつよめ?かなあって感じですけど。

夏の暑い時期や湿気の多い時期におすすめの紅茶ですねえ。

苦いけど。

ちなみに、わたしはいつも以下の記事のように紅茶を入れている次第。

正規の紅茶の入れ方について知りたい人は以下の記事を参照くだされ。

では、ゆるりとおおくりします。

ダーチャとは一体どんな紅茶?

まずは、ルピシアの公式サイトからダーチャのプロフィールを確認してみましょう。

ルピシア公式によるとダーチャのプロフィールは以下の通り。

柑橘や摘みたてのハーブを加えてお茶を楽しむ、ロシアのダーチャ(別荘)の休日をイメージ。ベルガモットやオレンジにハーブが重なる香り高い紅茶です。

ダーチャと呼ばれるロシアの別荘の庭で家族でテーブルを囲み、伝統的なサモワール(※)でいれた熱い紅茶に、柑橘や庭先で摘んだフレッシュハーブをひとつまみ。そんなロシアの優雅なティータイムをイメージし、アールグレイの基調となるベルガモットやオレンジの香りのお茶に、ローズマリーやレモングラスなどをブレンドしました。柑橘にハーブの爽やかな香りが寄り添う、気品漂う風味をお楽しみください。
野菜、果実、花やハーブなど実り豊かな色とりどりのダーチャの菜園をイメージし、様々な色の花をちりばめました。
お好みでレモンと砂糖を加えても美味。

※サモワール・・・ロシアの伝統的な金属製の湯沸し器。湧いたお湯で紅茶を飲むため、上部にポットを置き保温する機能がついており、ロシアの喫茶文化を象徴する茶器となっています。

ダーチャ - 50g S 袋入

引用

https://www.lupicia.com/shop/g/g12405646/

そして、原材料は以下。

  • 紅茶(中国、インドとしか記述がないため何の品種か不明)
  • ローズマリー
  • ブルーマロウ
  • レモングラス、マリーゴールド、コーンフラワー、香料

ふむ、ダーチャってロシア語で別荘って意味なのな。

そういえば、店員さんが説明してくれていたような気もする、、、。

説明文には「ベルガモットやオレンジの香りの~」て記述があるのに原材料にはベルガモットの記述がないのはちと謎。

まあ、香料っていうのに含まれているのだろうか、、、。

そして、衝撃的なのがダーチャは「現在取り扱いなし」という事です、、、、。

実は、今回わたしがレビューしているこのダーチャは多分2018年に買った?ものです(笑)。

もう最悪ですね。

「賞味期限切れの紅茶でレビュー記事書いてんじゃねえよ!」とか「売ってねえんじゃ、自分で買って飲めねえじゃん!」って読者のみなさまからのお叱りの声が聞こえてくる気がしますなあ、、、。

いやあね、わすれてたんすよねえ。

一杯分だけ残っていたのを発見したんですよ。

まあ、賞味期限キレてるけどっていう、、、。

で、でも消費期限じゃねえからまだぜ、全然飲めるし!!

、、、最近リーフでいれるよりティーバッグで入れることが多かったり、色んな紅茶を飲んでいたりで忘れててたまたま発掘したのでこんな記事書いてるわけです。

なので、味は結構劣化しているかもしれんのでそこは堪忍してね。

すいません!

いい訳ばっかしててすませぬ!

、、、じゃ、気を取り直していきましょか。

ルピシアのダーチャの味はちと渋いか?

まずは、味からいってみましょう。

味は結構渋みが強い気がします。

後味も結構渋みが口全体に染みつく?って言ったら変だけど、結構「んー、ほんのりと口が苦いなあ」て感じの後味が続きます。

これはおそらく元々だと思うんですよね。

過去の記憶をたどっても「ん?何か苦みが強い気がする」と思っていた印象があるので。

あとはなんだろう、、、ほのかに酸味がある気はします。

これはおそらく腐敗ではない!!、、、、はず。

成分にレモングラスが入っている時点である程度の酸味があるのも妥当なんじゃないかと思いますしね。

で、個人的にはあんまり渋みの強い味は好きではないのでそこはマイナスかなあ。

ということで、、、、うーん、味については星2.8くらいかなあ。

もしかしたら、エビアンみたいな若干硬度の高い水で入れるとこの渋みがちょうどよくなるかもしれませんな。

知らんけど。

ルピシアのダーチャの香りは清涼感が強い

次は香りについてです。

香りについてはかなり個人的には好みですね。

うん、いい!!

ハーブの清涼感あふれる香りが全力で口から鼻へと突き抜けていきます。

上手に説明できませんが、「夏の日に、雲一つない青空を仰ぎ見つつ自転車で坂を下っていくようなすがすがしさ」って感じですかな。

語彙力ないけど本当そんな感じです。

本当にこの清涼感は個人的にツボですわ。

夏にアイスティーにして飲みたい紅茶ですな。

ただ、人によってはこの香りを「なんだか草っぽくて青臭いにおいだな」っていう人もいる気がします。

知人に、そんなこと言うてたのがいたなあって今書いていて思い出しました。

なお、公式サイトにもパッケージにも原材料の箇所に「ベルガモット」とは書かれてはいませんでしたが、ダーチャにはベルガモットが含まれている気がします。

ていうか、間違いなく入ってますね。

ただいろんなハーブが入っているので大分特定しにくい気がしますけど。

おそらく口に含まずに、紅茶液の匂いをかいでみた方が判別しやすいかもしれません。

ということで、香りに関しては星4.4。

ルピシアのダーチャの残り香はほのかにさわやか

では、最後に残り香について見ていきます。

口に入れた瞬間に口から鼻へと全力で突き抜けていったあの清涼感は、飲んだ後もしばらく続きますね。

ただ、最初の様な「突き抜けるような爽やかさ」ではなく「ほのかな爽やかさ」って感じになりますな。

いうなれば、森林浴等をしている時に感じる森林から発せられるほのかな瑞々しい新緑の香りって感じの香りです。

正直、アロマとしても使えそうな香りだと思いますよ。

ハーブが入ってんだから当たり前か(笑)。

もう販売されていないのが悔やまれる、、、。

とうことで、残り香については星4.2。

ルピシアのダーチャは多分夏とか湿気の多い時期におすすめ

ダーチャの印象を一言で言い表すなら、「圧倒的清涼感!」て感じでしょうか。

かなり心地の良い爽やかな香りのする紅茶ですな。

なので、夏の暑い日や湿気の多いじめじめした時期にはアイスティーにして飲むとかなりスッキリした気分になれると思うんですよね。

暑い時には麦茶飲むよりダーチャのアイスティーがいいかもしれないっすな。

ただ、ダーチャはミルクティーにはしない方がいいと思います。

ミルクティーにするとちょっとハーブの清涼感がミルクの風味とケンカしだしてどうにも違和感というか「ちと気持ち悪い」感じになります。

ま、苦みは大分ましになるんですが香りがおかしくなりますな。

なので、ダーチャはアイスティーにしてストレートでいただくのが一番いい飲み方なのではないかなって思います。

ああ、現在取り扱いが終了しているっていうのがすごく悔やまれてならない!!

これ凄く香りが良くていやされるんだけどなあ。

復活してくれんだろうか、、、。

もし、ダーチャが気になる人で神経質でない人はダーチャをフリマアプリでメルカリやラクマといったフリマアプリで探してみてもいいかもしれません。

おわりに

この記事は「ルピシアのダーチャを飲んでみた。味や香りを検証してみよう。」と題しておおくりしました。

ダーチャはルピシアから出ていたオリジナルの紅茶です。

で、今回の総評は以下の通り。

味:星2.8

香り:星4.4

残り香:星4.2。

うん、味はちと水の硬度変えるとかしないと苦みが出過ぎてきついかもしれんけど、香りが個人的に絶品ですね。

ダーチャがまた復刻したら買いたいですわあ。

復刻してくれんかな。

期待はしとこ。

ルピシアさん頼むよ!

、、、て言っても聞いてないよな。

まあ、しゃーない。

では!

参考記事等


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事