紅茶を入れる時気をつけるべきルールとポイント「必要な道具も紹介」

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

紅茶を入れる際にいったいどんなポイントについて気にしたらいいのかわからない人
・紅茶をおいしく入れたい人

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「紅茶を入れる時気をつけるべきルールとポイント「必要な道具も紹介」」という話です。

紅茶を趣味としてこれから始めようという人で、「そもそも紅茶ってどうやっていれたらいいんだろう?」と悩む人はいるはず。

わたしは毎日紅茶を飲むのが日課なので多少味を犠牲にして紅茶を入れています。

以下の記事を見てもらうとわかるのですが、わたしは時短のためにティファールを使っていますし蒸らす時も時間はともかく結構適当です。

なので、正規の方法もお伝えしておかねばと思ったので今回の記事を書くことにした次第。

ただ一度にストレートティー、ミルクティー、アイスティーの入れ方等について書くと記事が長くなりすぎるので、今回はまずおおざっぱに「紅茶を入れる時にはどんなルールや気をつけるべきどんなポイントがあるのか」といった事を中心にお伝えします。

あんまり長いと読む気うせると思いますからねえ。

実際、わたしも長いのなんて読みたかないし。

あと、紅茶を入れるときに必要になる道具たちについても紹介しようと思う次第。

この記事は成美堂出版の「紅茶の大事典」を参考にしています。

では、ゆるりとおおくりします。

紅茶を入れる際の基本5ルール

同じ茶葉であっても入れ方ひとつで「おいしくもまずくもなる」のは紛れもない事実です。

ですので、「一体どうやったらおいしくなるのか」というルールについては抑えておくべきでしょう。

それでこそ「忙しくても味を損ないすぎない程度に上手に手抜きができる」というものです。

紅茶を入れる際の基本ルールには以下の5つがあります。

紅茶を入れる際の基本5ルール

1、新鮮で良質な茶葉を使う
2、ティーポットを温める
3、茶葉の分量を量る
4、沸騰したての熱湯を使う
5、茶葉を蒸らす間、ゆっくりまつ

この5ルールをしっかりと守ることで、紅茶が本来的に持っている味や香りといったポテンシャルが最大限に発揮されます。

多分、紅茶の入れ方なんて気にしたことがない人からしたら、2と4に関してはまるでその必要性が分からないかもしれません。

しかし、この2つには重要な意味があるんですね。

少し補足しておくと、ティーポットを温めておくことでヤカンなどからお湯を注いだ際に熱が失われてしまうのを防ぐためです。

後述しますが、紅茶を美味しく入れようとするとかなり温度に気をつけないといけないんですね。

そして、沸騰したてのお湯を使うのには「空気が十分に含まれているお湯を使う必要がある」という理由があります。

なので、「二度わかし」みたいなのはダメです。

どちらもなおざりにはできません。

ちなみに余談ですが、茶葉本来の香りや味を引き出すための英国式の伝統的ないれ方をゴールデンルールと言いまして、そこでは「くみたての水を使う」、「陶磁器か銀製のポット等を使う事」、

">「内側が白のカップを使う事」が強調されているもよう。

※内側が白いカップを使うのには、紅茶には見て楽しむという側面もあるためである。事実、紅茶をティーカップにそそいだ時に内側のふちに見える金色の輪はゴールデンリングと呼ばれ重要視されている。

紅茶を入れる際に気をつけるべき6ポイント

では、次に紅茶を入れる際に気をつけたいポイントについてです。

紅茶を入れる際に気をつけたいポイントには以下の6つがあります。

・ティーポット
・水
・茶葉
・時間
・ジャンピング
・砂糖、レモン、ミルクなどのアクセント

以下順次簡単に捕捉です。

・ティーポット

保温性のいい陶磁器や材質のものを選ぶ。

※陶磁器やガラス製、ホーロー製などが最適

また形状に関しては、茶葉がポット内に広がる丸くてシンプルな形がベスト。

・水

水次第で紅茶はまずくもおいしくもなる。

水について抑えるべきポイントには以下3つがある。

・空気(空気が抜けていると泥臭い味になる)
・硬度(低すぎると香味が出過ぎ、高すぎるとドロっとした重い仕上がりになる)
・沸騰

※硬度とは、水分中のカルシウムイオンやマグネシウムイオン等のイオンの割合。

幸い日本の水は紅茶を入れるには適しているという。

なので、われわれ日本人はくみたての水道水を沸騰させて紅茶を入れればいい。

※紅茶は80°~100°で抽出される。

・茶葉

茶葉の分量に関しては、大きい茶葉はティースプーンで大山一杯(約3g)、細かい茶葉なら中山一杯(約2.5~3g)を目安として正確に測る必要がある。

ただ、正確にグラム数を把握できるようになるまでは電子はかり等を利用して感覚をつかむのもあり。

また茶葉には様々な種類があり、ミルクティーに向いている茶葉なのかストレートティーに向いている茶葉なのかといった違いがある。

・時間

リーフティーであろうとティーバッグであろうと、蒸らし時間をシッカリ正確に測ることが欠かせない。

さもないと、しっかりと茶葉自体の香味が抽出されない、逆に不要な渋みや苦みが抽出されてしまうという事が起きる。

・ジャンピング

ジャンピングとは、ティーポット内で起こる茶葉のゆったりとした上下運動の事。

これによって紅茶の風味が上手く引き出される。

・砂糖、レモン、ミルクなどのアクセント

紅茶本来の味をストレートで楽しむのもいいが、アクセントを加えるのもティータイムを楽しむためには必要と言える。

アクセントについて詳しくは以下参照。

紅茶を楽しむためにそろえるべき道具たち

最後に紅茶を楽しむためにそろえるべき道具たちについて触れておきたいと思います。

紅茶を楽しむためにそろえるべき道具は以下の11個です。

・ティーポット×2

まず、一つ目は材質は陶磁器、磁器、耐熱ガラス、など。

茶葉に合わせて2~3種あると便利である。

二つ目は、形状については茶葉のジャンピングが起こりやすいように丸型を選ぶのが良い。

・ティーコジ―

保温用のポットカバーの事。

ポットマットとセットで紅茶を蒸らすときに使う。

コットン製や

中に綿が入っているキルト製は保温性に優れている。

・砂時計、タイマー

キッチンタイマーで十分だが、雰囲気重視の人は砂時計。

・ストレーナー

茶殻をこすための道具。

受け皿つきがおすすめ。

茶殻の大きさに応じて網目の多いきさをえらぶといい。

・メジャースプーン

茶葉の分量は毎回同じスプーンで量る。

専用のスプーンでさじ加減を覚えるのが重要。

上述したようになれるまで電子はかり等で確認するのもあり。

・ティーバッグレスト


ティーバッグを置いておく、レモンなどを置いておくのに便利。

・手鍋

さびたり被膜がはげるといった事になると、香味や水食が悪くなるためふたつきホーロー鍋が最適。

・ティーキャニスター

茶葉を保存しておくための容器。

密閉性と遮光性が高いものを選ぶ。

・やかん

水中の空気がなるべく失われない様にするため、短時間でわかせる熱伝導性の良い素材がベスト。

熱伝導性を考えるなら純銅製がいいですね。

んー、改めて必要な道具を見てみると、、、、「金かかるなあ、、、」という印象。

というか、金はまあいいとしてもこんな道具一杯あるとめっちゃ手間りそうですよね。

実際、きちんと紅茶を入れるとなると結構時間も神経も使うので余裕がないときついです。

なので、わたしも一時期入れてい居た時期もありましたが、もう今となっては「ほとんど正規のやり方では入れていない」ですね。

だって、やること多すぎるんやもん!

正直、毎日手軽に入れて飲むなんてできやしません。

ティ―パーティーを開催するとかでも正規の方法でなんてできませんわ。

という事で、「こんなにメンディーことやってらんねえ!!」という人はわたしの方法も参考にしてみるといいかなって思います。

おわりに

この記事は「紅茶を入れる時気をつけるべきルールとポイント「必要な道具も紹介」」と題しておおくりしました。

今回の内容は、まず紅茶を入れる際の基本ルールと気をつけるべきポイントについて扱いましたね。

あとは各自必要に応じて、「ストレートティーの入れ方」「アイスティーのいれ方」「ミルクティーのいれ方」「ティーバッグを使った紅茶のいれ方」「ハーブティーのいれ方」に飛んでくださいな。

それではよいティータイムを。

では!

参考

https://www.tea-a.gr.jp/make_tea/

参考記事等


紅茶ランキング