紅茶を飲むと会話力アップ?紅茶の効果を上手く使えばデートも好調?

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・紅茶の会話に与える影響力について気になる人
・話のネタが欲しい人

「今度、彼女とデートするんだけども、デート場所をカフェにするか紅茶専門店にするかで迷っているんだよな。どっちがいいんだろうなあ。」

ふむ、それなら紅茶の方がいいかもしれない。

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「紅茶を飲むと会話力アップ?紅茶の効果を上手く使えばデートも好調?」という話です。

突然ですけど、紅茶とコーヒー、緑茶の3つの内だったら、どれが一番会話力をブ-ストしてくれると思いますか?

、、、まあ、記事のタイトルからして紅茶ですわな。

もし、恋人とデートに行くのであれば、紅茶専門店にしてみるといいかもしれません。

紅茶のおかげで会話が弾むかもしれませんな。

あ、でも、あんまり紅茶雑学を披露するとひかれると思うのでそれだけは要注意ですねえ。

では、ゆるりとおおくりします。

紅茶を飲むと前頭葉が活発になる

紅茶ブランド「リプトン」を展開するユニリーバ ジャパンが、行った研究によると「紅茶を飲むと前頭葉の活動が活発化する」という事が示唆されたといいます。

実験の大まかな概要は以下の通り。

  • 対象:20~40代の男女(初対面・恋 人・夫婦)10組20名
  • 被験者たちに「紅茶」「緑茶」「コーヒー」3種の飲料を飲みながら30分間会話をしてもらう
  • 被験者たちの会話中の脳血液量測定(前頭16部位)、そしてコミュニケーション分析を行った

参考
https://brand.lipton.jp/news/pdf/20130200_communication.pdf

この実験によると、以下のようなことが示唆されたそうです。

・紅茶の場合がもっとも会話直後から30分後までの脳の活性効果が高かった
・. 紅茶の場合、会話開始~30分間において会話を弾ませるのに必要な「自己開示」と「リアクション」が最も得られた
・紅茶により脳の活性化効果が持続する事で、会話力が向上した

※前頭葉が活性化すると、論理的思考力、表現力、創造・想像力の向上するという。また、この研究では紅茶にリラックス効果あることも確認されたという。

ふむ、なんか結構有益そうな感じはあります。

とはいえ、紅茶と緑茶とコーヒーだけで比べてもなあ、とか被験者少なくないかって気もしますねえ。

まあ、とりあえず「紅茶にはこういった可能性もあるんだな」という参考にはなるでしょう。

紅茶で会話が弾むのは妥当なんだろうか?

上掲の研究では、紅茶によって自己開示やリアクションが向上する等の効果が得られる可能性が示唆されています。

また、同研究では紅茶によって前頭葉の働きが活発になることで論理的思考力、表現力、創造・想像力が向上する事が向上する事についても触れられておりました。

さて、果たしてこれら要素の向上は心理学的な視点から見て「会話力の向上に役立つ」のでしょうか?

、、、、答えは、

「イエス」

です。

まず、時分から先に自己開示、つまり「自分のプライベートな情報を相手に話す」ようにすると親密度が上がるのは正しいです。

ただ、効果的な自己開示の方法はありますので、詳しくは手前味噌ですがわたしのもう一つのブログの記事を読んでみて下さいな。

論理的思考力、表現力、創造・想像力の向上についても、会話に自由な発想を取り入れて話を面白くしたり相手の立場に立って話ができるようになる可能性があります。

そして、リアクションについても正しいですね。

人は相手からリアクションがそれなりにないと、「コイツ、わたしに興味ないのか?」とか「何かつまんなそうにしてるからこっちまでつまんなくなってきた」等といったように話す気が失せてくるものです。

ある程度リアクションは大きくないと、会話は盛り上がらないものなんですね。

特に男性が女性と会話をする場合、男性側のリアクションが淡白すぎて女性が話す気をなくす事が多々あります。

なので、男性は女性と話すときは「同性と話すときの約1.5」を目安に大きなリアクションをとると好感度が高いでしょう。

ということで、紅茶によって向上する要素により会話力が向上するとの結論は妥当です。

会話で気をつけたい事をちょっと確認

せっかくなので、心理カウンセラー的な視点から会話に関して少し補足しておきたいと思います。

よく話し上手は聞き上手等と言われますが、より厳密には「話させ上手が会話上手」です。

というのも、人は自分の話をするのが非常に快感だからなんですね。

いかに相手が「ついつい話したいと思って話してしまう状態」を作り出せるかが、会話を上手く運ぶためには重要なのです。

その点では、今回取り上げた研究で言われる自己開示やリアクションだけでは会話上手にはまだまだまだまだ足りません。

という事で、会話力を本質的に向上させるのであれば紅茶に頼るだけでなく、人の話をシッカリと聞くスキルである傾聴を身に着けるのがおすすめですね。

例えば、傾聴の基礎的なポイントには次の4つがあります。

  • 相手の話に反論や評価をせずにただ聞く
  • 短く定期的にうなずく
  • 相手の話が続かなそうな場合には、相手の発言の内容を簡潔に要約
  • 相手の話を聞いている印象を与えるため、手短な質問を繰り返す

この4つを臨機応変に使いこなすだけでもある程度会話上手にはなるでしょう。

でも、まだ先があります。

傾聴についてより詳しくは以下の記事を参照してみて下さいな。

おわりに


この記事は「紅茶を飲むと会話力アップ?紅茶の効果を上手く使えばデートも好調?」と題しておおくりしました。

今回参考にした研究は規模が小さいし比較対象も緑茶とコーヒーだけだったので、ちょっとその結果については「うーん、どうなの?」と言いたくなるところもある気がしますが、一応紅茶には会話力をあげる効果があると考えていいでしょう。

確か、紅茶好き男性の方がコーヒー好き男性よりも協調性があってフレンドリーだなんて調査もありましたし、紅茶好きは知らないうちにコミュ力あがっているのかもしれないですねえ。

デートの際は、オシャレな喫茶店にいくのがいいのかもしれません。

では!

参考
https://brand.lipton.jp/news/pdf/20130200_communication.pdf

参考記事等


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事