ギター教則本はいらないのか?いるのか?どっちなんだい!!

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

ギター初心者の人

これからギターを始めようと思っている人

話しのネタが欲しい人

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ギター教則本はいらないのか?いるのか?どっちなんだい!!」という話です。

ギター初心者がギターを始める際に、ほぼ必須とされている雰囲気がある教則本ですが、正直「めっちゃつまんない」ですよね?

多分、多くのギタイリストは共感してくれるかと思います。

それに今となっては、ユーチューブがあるのでいちいち本なんて買わなくても無料でギターの奏法に関する知識を得られますよね。

そのため、「すぐに自分が弾きたい曲弾いて練習すればいいじゃん!!教則本なんていらないぜ!」等といいだす人もいる模様。

でも、結論からいうと、「ギター初心者にとって教則本はめっちゃ必要」です。

手元にいつでも見返せる奏法等についてまとめてある本があるのは、ギターを練習するうえで非常に便利なんですよ。

特に、初心者のうちは教則本を持っていることがものすごく大事です。

ただ、最善なのはやはりなんていっても「ギター教室に通ってギターを習う事」ですね。

教則本だとどうしても一方通行になってしまいますからねえ。

独学でギターがうまくなれる自信がない人は、ギター教室に通うのがおすすめです。

このご時世、外に出ることに気が引けるという人も多いでしょう。

外にあまり出たくない人は、ギターのオンライレッスンのパイオニアである「THE POCKET」を利用するといいです。

まずは、25分の無料体験レッスンを受講してみましょう。

では、ゆるりとおおくりします。

ギターの教則本って基本つまらないよね

ギターの教則本って基本的につまらないものです。

しかし、それは当たり前と言えば当たり前なんですよね。

そもそも、以前の記事言及したことですが、多くの人のギターを始める動機は「好きなアーティストがいたから」や「弾きたい曲があったから」だといいます。

ギターを始めた人たちは一刻も早く自分の好きな曲を演奏したいし、なんなら自分のお気に入りの曲を使ってギターの練習がしたいわけです。

でも、教則本の中にあるフレーズはどれも基本的に無味乾燥気味であまり興味の持てないものばかり。

これでは練習のモチベーションが上がりませんよね。

これがもしギター教室とかなら講師がきちんと楽しく取り組める工夫等をしてくれるのでしょうけども、、、まあ、独学でやろうとするなら仕方ないです。

その点、初心者向けの見やすくわかりやすい教則系動画はユーチューブに沢山あるので、教則本を買うよりユーチューブの方がいいと思うのも無理はないと思うところ。

ただ、だからと言って、「教則本を買わないでユーチューブだけを頼りにギターを始める」のは個人的にあんまり得策ではないと思うんですよね。

教則本がなくても困らないのはある程度基礎を知っている人だけ

教則本が必要ない人は、ある程度「ギターについての基礎的知識や基本的な技術を体得した人」です

ギターの演奏も基本的には、いわゆる勉強と同じなんですよね。

ギターの奏法は今や実に多岐にわたりますので、何の指標もなく始めようとすると「何が基礎で何からまずやるべきなのか」といった事がまるで分りません。

ギター演奏についての全体像についてザックリと押さえてから、個別の奏法に焦点を当ててより深めていくのが得策です。

そうでないと迷子になりかねません。

ただ、これだけだと「じゃあ、体系的に分かりやすい動画だしているギタリストユーチューバーを探して動画見ればええやん」という話になりますよね。

まあ、知識の体系化という点にだけ限って言えばわたしも「知識を体系化しているユーチューバーの動画見ればいいじゃん」と思います。

ただ、あえて教則本を買うことで初心者の人は動画にはないあるメリットを得られる可能性があるのです。

そのメリットとは「自分がよくわからなくなったときにすぐに立ち返ることができる場所が得られる」というもの。

いまや、ネットで検索をかければおよその事はわかる時代ですが、手元に実際に本があった方が調べる手間はかなり短いと思います。

例えば動画を参考にしてギターを練習している場合、どうしても動画だと本を読むよりも時間がかかってしまいますよね。

これが動画に必要な個所にすぐ飛べる目次がなかったら、なおの事です。

初心者にとって、教則本の方が「あれってなんだっけ?」と思ったときにすぐに調べられるのでおすすめってわけですね。

ギター初心者におすすめの教則本は、、、、

さて、ここまで、「ギターは教則本を買って始めた方がいい」と言ってきましたが、正直個人的におすすめの教則本って特にないんです。

というのも、大体どれもこれも同じような内容のものばかりだからですね。

以下のような条件を満たした教則本であればどれでも十分かと思います。

・イラストや写真が多い

・DVDが付属している

・ページが多すぎない(雑誌程度の厚さがいい)

例えば、上記の特徴を持っている教則本としては『超初心者でもいきなり弾ける! エレキギター入門【DVD&CD&動画連動】』がありますね。

著者のリッキーさんは、ユーチューブでレッスン系の動画をたくさん投稿されているギタリストです。

彼の説明は分かりやすいと評判です。

本書は動画と連動しているのでその点もいいですよね。

参考

ただし、「自分はものすごくて先が不器用で運動音痴なんだよな、、、」という自覚がある人に関しては、教則本はやめた方がいいと個人的に思います。

手先が不器用で運動音痴な人に関しては、独学ではギターが上手くならない可能性があると思うからです。

実は、ギタリストのヒデノリさんという方が「独学では絶対にうまくならないタイプの人がいる」と言う事を指摘しているからです。

彼は独学ではうまくならない人の事を「凡人タイプ」と呼んでいる模様。

※凡人タイプの反対の存在は、天才タイプというらしい。

わたしは凡人タイプという分類の全容について詳しく知りませんが「運動音痴で手先が不器用な人」に関しては、まず間違いなく該当しているだろうなとの印象を持ちました。

そして、凡人タイプに関してはそもそもギターを弾く以前の話であることも多いらしく、彼によると凡人タイプを上達させるためには専用のトレーニングをする必要があるんだとか。

ユーチューブでたまに彼の動画が流れてくるのですが、かなり論理的かつ客観的に事象を見ている印象でかなり頼りになると思うんですよ。

わたしはただ趣味でギターやっている程度の人間なので正直何とも言えない所はありますが、彼ほどギター演奏の上達をロジカルに考えている人は他にいない気がするんですよねえ。

しらんけど。

彼は多くの人が感覚で済ませてしまう事に対して理詰めで切り込んでいくので、個人的に好きだったりします。

なお、彼の演奏が卓越しているのは言うまでもありません。

って、正直、なんてお前が評価できるんだよって話ですね。

さーせん。

とりあえず、不器用な自覚があるなら、彼に教えを乞うのもいいかもしれません。

おわりに

この記事は「ギター教則本はいらないのか?いるのか?どっちなんだい!!」と題しておおくりしました。

ギター初心者は教則本を買って練習した方がいいです。

今や、ユーチューブがあるので教則本なんて不要な気もしますが、教則本には「気になったときにすぐ確認できる」というメリットがあります。

ただ、一番いいのはギター教室に通うことですね。

ギター教室に通うのが一番挫折率が低い方法です。

まあ、ひとまず自分でギターを独学で初めて見てあまりうまくいかないなと思ったら教室に通うというのも全然ありですけどね。

とにかく、自分に合ったギターの上達方法を模索したいものです。

では!

参考記事等

スラッシュメタルのリフでかっこいいと思うものランキングにしてみた

ギターの上手さと手の大きさはほぼ無関係な件

ギターを弾いてて小指が立つとか指がバタつくのはアレが原因

エレキギターの正しいピッキングっていったいどんなもの?

ギター初心者がやるべき事を歴だけ長い奴が今更さら考えてみる

「ギターの独学は無理?」ギターの独学が難しい理由

ギター初心者がやるべき事を歴だけ長い奴が今更考えてみる

「速弾きってダサいしかっこ悪い」て批判は少し分かるような気もする


紅茶ランキング
右手のピッキングの速さがなかなか上がらない人注目!

あなたは、「もっと、右手のピッキング速度が上がってくれたらいいのになあ、、、」等とお悩みだったりしませんか?

右手のピッキング速度が上がれば、様々なジャンルの曲が弾けるようになりギターで多彩な表現が可能になります。

メタルにハードコアにジャズにJpop、、、、様々なジャンルに幅広く対応できる可能性が出てきますよね。

いろんなジャンルに対応できるようになれば、ギターが非常に楽しくなります。

そして、単純に右手の対応できる速度の限界が向上すれば、それだけで「どんな曲も何とか頑張ればそれなりに弾けそう」な気もしてきますよね。

「右手のピッキング速度は根拠のない強い自信」をギタリストに与えてくれます。

例えば、右手のピッキング速度がBPM140の16分音符くらいの速度までしか出ない人は、その時点ではBPM250の16分音符のフルピッキングフレーズが出てくる曲を原曲通りにひききることは不可能です。

もし原曲に忠実に弾こうと思うのなら、最低でもBPM250の16音符の速度に右手のピッキング速度が追い付かねばどうしようもありません。

どうしても弾きたいとなれば、苦肉の策としてレガートやスウィープに逃げることになりますが、、、やはりフルピッキングとレガート等では音の質感がまるで違います。

それに、「フルピッキングで弾けないから代替案をとった」なんて話になるとシンプルに「悔しい!」ものです。

何というか、「曲に負けた」みたいな感じすらしてきます。

しかし、あなたの右手のピッキングの限界速度が「BPM400の16分音符」であったならどうでしょうか?

右手のピッキングの限界速度が「BPM400の16分音符」もあれば、BPM250の16分音符等物理的には造作もないはずです。

高速フルピッキングができると、いろんな曲が弾ける可能性ができます。

わたしは、プロギタリストではないのでギター自体はうまくありません。

しかし、「右手のピッキング速度」に関してだけは向上させるべくそれなりに長い事腐心してきてそれなりの速度を出せるようになりました。

以下のノートに「私がこれまでピッキング速度を上昇させるためにやった全ての練習方法」と記したので、「自分のピッキングの上限を引き上げてギターをもっと楽しみたい!」という人は、以下のノートを参考にして自分のピッキング速度の限界を超える参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事