エレキギターの正しいピッキングっていったいどんなもの?

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

ギター初心者の人

ギターを我流でやってきたけどどうもうまくなっている気がしない人

改めて自分のピッキングを見直してみたい人

話しのネタが欲しい人等

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「エレキギターの正しいピッキングっていったいどんなもの?」という話です。

現代ではギター、特にエレキギターにおいては「ピッキングに正解はない」とされています。

事実、これまで個性的なピッキングスタイルをとるギタリストは沢山いました。

ただ、あえてピッキングにおける正解を定義するのであれば、「音がいいか悪いか」で判断するしかないでしょう。

まあ、それとて好みと言われそうな気もしますが、、、ただある一定の線引きはできそうな気もしますよね。

と言う事で、今回は正しいピッキングの方法について考えて見たいと思う次第。

なお、自分でいい音か否かを判定する自信がない人は、きちんとプロに判定してもらいそこから自分のピッキングを見直すといいでしょう。

オンラインギターレッスンの老舗である「THE POCKET」では、初回に限り25分の無料体験レッスンを実施しているそうなので、受講を継続するかはともかくまずはここで判定してもらうといいでしょう。

では、ゆるりとおおくりします。

ギターにおける「いい音」と「悪い音」を決める要素

よくギター演奏において言われる「いい音」と「悪い音」とは、何でしょうか?

最初に言っておくと、わたしにも答えはわかりません

というのも、そもそもモノの良しあしを判断しようと思ったらその基準が必要になるからです。

「まあ、人の好みだよね」なんて話にしていたら、モノの良しあしなんてものは決められないんですよ。

ただ、音楽とは「メロディー、ハーモニー、リズム」の3つから構成され「音には強弱が存在する」、さらに言えば「音楽を何のために演奏するのか」といった視点を加味すれば何らかの答えが導けそうではありますね。

と言う事で、当記事では「いい音と悪い音」の基準を以下のように設定してみたいと思います。

・リズムに秩序性があるか否か

・音の強弱が状況に応じてすぐ変化させられその対応範囲の幅が大きいか否か

・音が曲等を通して伝えたい感情や曲の世界観を表現するのに適切かどうか

※今回はあくまでも「ピッキングにおける発音」に絞っての基準であるため、あえて「ノイズ」に関しては触れていない。

上記のうち3つ目の要素がおそらくもっとも個人差が大きい部分ですが、それに比して上記2つ目までの要素は割と客観的に判定できる基準かと思います。

そのため、いわゆる「正しいピッキング」は、上記2つ目までの要素を十分に満たすものといえそうです。

ピッキングの種類

世の中にはいろんなピッキング手法がありますが、まずは一度その手法を概観してみたいと思います。

ピッキング手法は、およそ以下のように分類できるでしょう。

・ハイブリッドピッキング(ピックと指の併用)
・サークルピッキング(音が丸くなる)
・ロータリー(指だけを使ったもの)
・スナップピッキング(現在のスタンダード)

この中で最もメジャーなのが最下段の「スナップピッキング」です。

特に何の指定もなく「ピッキング」と言われる際は、このスナップピッキングの事を指していると考えて間違いないでしょう。

そして、実際にこのスナップピッキングは非常に適用できる範囲が広い上、この方法を使う奏者には前ギネスホルダーのティアゴ氏のようにBPM600以上で演奏する人もいるので「速弾き系ギタリストには必須のピッキング方法である」といえます。

ピッキング動作は円でとらえる

ピッキングの動作は、単純なようでいてなかなかに奥深いものです。

ピッキング動作(手首の動き)は以下の4種類の動きの複合であり、円状の動作としてとらえることができます。

引用

手首/手指関節とは

これらはすべてのピッキングにおいて共通です。

要は、手首の動きは大まかにチョップをするような手の状態を想定した場合において、「手首を縦上下に動かす動作」と「手首を左右にあおぐような動作」、「手首を左右にドリルのように回転させる動作」の3種に分けられるって話ですな。

これらの動きがスムーズに同水準でできる事がスムーズなピッキング動作の肝だと言う事です。

自分のピッキングを見直したい人は、まずはこれら3種の動きがスムーズにできるように訓練するといいと思う次第。

また、ピッキングのダイナミクス、つまりピッキング時に発音される音の大小は「ピックを振りぬく速度」により調節するものであって、決して「ピックを弦にあてる際に手に込める力の強さ」に依存したものではありません。

詳しくは、「ギターの音のダイナミクスはピッキングの強さでは決まらない?」の記事参照。

「正しいピッキング」はないけど、「使い勝手のいいピッキング」はある

「正しいピッキング」なんてものは、割と個人の解釈や作曲者が曲によってよって表現したい内容によりかなり変わってくる所がありますが、「使い勝手のいい、つまり汎用性が高いピッキング」と言うものはあると思います。

個人的にそれが「現在スタンダードとされるスナップピッキング」だと思うわけです。

スナップピッキングは、コードカッティングの際にも単音弾きの際にも使える非常に汎用性が高いモノなので、真っ先に身に着けるべきだと思います。

スナップピッキングを身に着けたのを前提として、サークルピッキングやロータリーなどを身につけるのがよいかと。

と言う事で、スナップピッキングを行う際の要点についてまとめた記事があるので参考にしてみてくださいな。

もちろん、当記事で触れた3種の動作もきちんとスムーズにできるようになって置いてくださいな。

おわりに


この記事は「エレキギターの正しいピッキングっていったいどんなもの?」と題しておおくりしました。

結局、「これぞ正しいピッキングだ!!」等といったものはないんじゃないかというのが結論ですよね。

本人がどんな音を求めているかによっておそらくフォームにしてもピッキングの強さなんかもかなり変わってきそうですから。

ただ、現状でスナップピッキングの使い勝手がいいのは間違いないでしょう。

スナップピッキングは、コードカッティングや単音弾きといった多方面に幅広く適用できます。

まずは、スナップピッキングから身につけるのがよいという話ですな。

では!

参考記事等

エレキギターの練習は生音ですべきかアンプにつないですべきか

「速弾きの符割」速弾きでたまに見かける32分音符等複雑な連符の謎

ギターを弾くのに適した手の形についてちょっと考えてみた

参考
https://www.mcdavid.co.jp/sportmed_anatomy/wrist-finger/#:~:text=%E6%89%8B%E9%A6%96%EF%BC%88%E6%A9%88%E9%AA%A8%E6%89%8B%E6%A0%B9%E9%96%A2%E7%AF%80%EF%BC%89%E3%81%A7%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%8B%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AF%E6%8E%8C,%E3%81%8C%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82


紅茶ランキング
オンライレッスンのパイオニア「THE POCKET」

THE POCKETは、10年以上もの指導実績と高い顧客満足度(約97%)を誇るオンラインギターレッスンのパイオニア的存在です。

オンラインレッスンに最適化したわかりやすい指導内容と厳選された講師陣が、あなたのギタースキルをあげてくれるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事