紅茶と豆乳の相性ってどんなもん?「紅茶に豆乳はありかなしか問題」

「友達に紅茶に豆乳を入れる習慣がある人がいるんだけども正直紅茶と豆乳って合うもんなの??なんかいまいち相性がいいとは思えないんだけどなあ、、、。」

ふむ、確かに紅茶と豆乳、、、確かにあうのか合わないのか微妙なラインだなあ。

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「紅茶と豆乳の相性ってどんなもん?「紅茶に豆乳はありかなしか問題」」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・紅茶と豆乳の相性について気になる人
・話しのネタが欲しい人等

豆乳と言えば、健康にいい飲み物として有名ですね。

そのため、中には牛乳の代わりとして日々の生活の中に取り入れている人もいるといいます。

紅茶党で健康にシビアな人の中には、紅茶に豆乳を入れたらどうなのかと思案したことがある人も割と多いと思うんですよね。

実際、わたしもその一人なのです。

ということで、今回はわたしが人柱となって豆乳と紅茶の相性はどんなもんなのかについて調べてみたいと思う次第。

ちなみに、わたしはいつも以下の記事のように紅茶を入れている次第。

正規の紅茶の入れ方について知りたい人は以下の記事を参照くだされ。

では、ゆるりとおおくりします。

豆乳は健康にいい!

豆乳とは、「大豆を主原料とした豆腐に固める前の乳液の状態のもの」の事です。

ここ最近では、健康志向が強まっているせいなのか豆乳の消費者市場は2008年~2016年の8年間でおよそ2倍にまで拡大していると言います。

豆乳には以下のような栄養素が含まれているそうです。

・大豆たんぱく質

大豆には、植物性タンパク質が30%程含まれている(ほとんどが水溶性)。

大豆たんぱく質は、吸収率は高いが牛乳に比べて吸収速度が低いという特徴があるため結果的に満腹感を得やすく食べ過ぎの防止に役立つといわれている。

・イソフラボン

イソフラボンは、女性ホルモンの代表格であるエストロゲンと似た構造をした物質。

骨の健康維持に役立つとされる。

※なお、豆乳には食物繊維はほとんど含まれていいないという。

そして、豆乳の種類については以下の3つがあるそうな。

・無調整豆乳:(大豆と水以外加えられていない。大豆固形分が8%以上(大豆タンパク質換算3.8%以上)
・調整豆乳:(豆乳に砂糖、塩、油脂、香料などを加え飲みやすくしている。、大豆固形分が6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上))
・豆乳飲料:調整豆乳に果汁やコーヒーなどを加えた飲料の事。

今回の検証で使っていく豆乳は、調整豆乳になります。
  

豆乳と牛乳の違いなどについて詳しくは以下参照。

参考
https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=126&category=beauty

果たして紅茶と豆乳は相性がいいのだろうか??

では、実際に豆乳と紅茶の相性について検証してきましょうか。

今回用いる豆乳はキッコーマンの「特濃調整豆乳」です。

別にわたし自身はコレステロールなんて全く気にならないのですが、「どうせなら濃いやつでやろう」という事でこれにしました。

てか、家に帰ってきてから「あ、これトクホやん」てやっと気が付きましたねえ。

で、今回豆乳とあわせる紅茶は以前にレビューしたキャラメル風味の紅茶であるロンネフェルトのブラックトフィーと繊細な緑茶風の香りが特徴のヌワラエリアです。

ブラックトフィーとヌワラエリアの味等については以下参照。

まずはブラックトフィーと豆乳の相性についてですが、思ったよりも悪くないですね。

ブラックトフィーの味や香りが元々強いのが関係ある気はしますが、全体としてはそこまで悪くありません。

確かに結構豆乳独特の風味は感じられるものの程よく牛乳とはまた少し違ったマイルド感があり、これはこれで行けます。

まあ、しいて言うならちょっとしたざらざら感??みたいな食感があるのは気になりますかね。

次に、ヌワラエリアと紅茶についてですが、こちらはダメですねえ。

豆乳の風味に完全にヌワラエリアの繊細な香りや味わいが負けてしまっています。

これでは、ヌワラエリアの良さが台無しってものです。

ヌワラエリアに豆乳を入れると、完全に「これ豆乳じゃん!」と言った感じになるのでね、、、うん、これはダメ。

やはり、豆乳の悪の強さというか独特の風味は強力ですなあ。

まあ、これは特濃なのでもっとうすいやつなら問題はないのかもしれませんが、そこは未知数ですねえ。

豆乳が合いそうな紅茶ってどんな紅茶だろうか?

今回のブラックトフィーとヌワラエリアと豆乳との相性実験でわたしは、個人的に確信しましたね。

「豆乳の独特の風味に負けないような強い風味をもった紅茶でないと豆乳に食われてしまう」とね。

ですので、豆乳と紅茶を組み合わせようと思ったなら、「結構強め味や香りがする紅茶」を選ぶのがいいでしょう。

具体的には以下のような紅茶だと思います。

・強く着香されている各種フレーバーティー(今回のブラックトフィーがその一例)
・ウバ茶
・渋み成分が多めの紅茶

まあちょっと検証した結果、わたしが感じたことですので妥当性に関しては担保しかねますが、割といい線行っているんじゃないかと個人的には思っております。

健康などの事を考慮して豆乳を紅茶に入れてみようと考えている人は、参考にしてみて下さいな。

おわりに


この記事は「紅茶と豆乳の相性ってどんなもん?「紅茶に豆乳はありかなしか問題」」と題しておおくりしました。

豆乳を紅茶に入れるのはありかなしかについては、正直「紅茶による」という至極当たり前の結果が出ましたな。

豆乳が合う紅茶には、渋みが強いとか強く着香されている、味や香りが元々強いといった特徴がある世に思われます。

やはり、豆乳の風味が強いことを考えたら当然の結論ですよねえ。

あえて豆乳を牛乳の代わりに入れてソイラテにしてみたい人は、紅茶と豆乳の味や風味のバランスを考えて色々各自実験してみて下さいな。

では!

参考

https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=126&category=beauty


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事