白バラ牛乳はミルクティーを作るなら万能なんじゃないか?って思う件

「白バラ牛乳っておいしいらしいね。味が気になるけども、近くのスーパーには売ってないんよな。白バラ牛乳を使ってミルクティーを作るとどうなるんだろうか。」

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「白バラ牛乳はミルクティーを作るなら万能なんじゃないか?って思う件」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・白バラ牛乳ってどんな味なのか気になっている人
・白バラ牛乳でミルクティーを作るとどうなるのか気なる人

今回は紅茶のレビューではなく、「牛乳のレビュー」です。

「は?お前ふざけてんの?」とお思いの方もいるかもしれませんが、ミルクティーを作るためには美味しい牛乳の存在は欠かせません。

ですから、今後はミルクティーを作るために有用そうな牛乳を紹介していこうかと思う次第。

ちなみに、わたしはいつも以下の記事のように紅茶を入れている次第。

正規の紅茶の入れ方について知りたい人は以下の記事を参照くだされ。

では、ゆるりとおおくりします。

白バラ牛乳ってどんな牛乳なん?

引用

https://dainyu.or.jp/publics/index/57/detail=1/b_id=132/r_id=24/#block132-24

白バラ牛乳とは大山乳業の生乳を使って作られた製品です。

※大山とは鳥取の地名。

なお、白バラ牛乳は無脂乳固形分8.5%以上、乳脂肪分3.6%以上だといいます。

正直、この情報だけだと「なんじゃい、普通の牛乳じゃないか」と思うのでわざわざこんな風に記事にするまでのこともありません。

でも、この白バラ牛乳の味についてネットではかなり美味しいという事で話題になっているんですよね。

例えば、その評判の一部をみてみましょうか。

https://twitter.com/purririzu/status/1118865750200950784?s=20
https://twitter.com/ndia_aera/status/1390245624788832258?s=20

さすがにここまで話題になるという事は、ちゃんとそれなりの理由があるのだと思います。

美味しい牛乳は美味しいミルクティーを作るには不可欠ですから、こういった美味しい牛乳の情報は大事ですわな。

という事で、改めて白バラ牛乳の味について検証してみようってことで今回わざわざ記事の題材にしてみる事とした次第。

個人的な白バラ牛乳についての感想

「白バラ牛乳は美味しい」という意見がネットを見ているとちらほらあります。

そんな噂の真偽をたしかめるべく、わたしは改めてよく紅茶やその他嗜好品などを買いに行く近所にある成城石井にいき噂になっている白バラ牛乳を買ってきました。

白バラ牛乳自体は過去に飲んだことはありますが、じっくりと違いに着目して飲んだことはなかったため、今回はじっくりと腰を据えてその味について述べていきたいと思います。

白バラ牛乳の味に関していうと、普通に売られている牛乳(例:西友のみなさまのお墨付き、雪印メグミルク等)と比べるとうまく言えないですが「ある種のコクや風味が強い」印象です。

そしてほのかではあるがしっかりとした甘みもありますね。

他の牛乳と比べると大分深い味わいって感じがしますね。

厳密に言葉でいい表すことは難しいのであえて大雑把で抽象的な言い方をすると、「これぞ牛乳!」て感じの濃い味わいがありますのでかなりのみごたえがあります。

そして、ほのかにあ白バラ牛乳から感じられる「味の濃厚さ」というものは、よくわたしがミルクティーを作る際に多用している「特濃4.5」の様な加工乳のそれとは明かに違います。

「特濃4.5」は濃厚さを増すために粉乳やバターを使用しているので、天然の牛乳のもつ濃厚さとはどうしても乖離してしまいますね。

むしろ「特濃4.5」の方が濃いといえば濃いのですが、「牛乳というよりはアイスクリームというかお菓子っぽい」といった印象。

対して、白バラ牛乳の濃厚さは「牛乳それ自体として濃厚さ」です。

なお、脂肪分の含有量に関しては特濃4.5の方が老いですが、白バラ牛乳は「くどすぎない丁度いい脂肪の量」なので「濃厚だけど飲みやすい」といった感じですね。

うん、あらためて飲んでみると、かなり美味しい牛乳ですな。

牛乳好きの人はこれになれると、あんまり他の牛乳に戻りたくなくなるかもしれませんな。

ミルクティーを白バラ牛乳でいれるとワンランク味が上がる気がする

わたしは普段「特濃4.5」を使ってミルクティーを入れることが多いです。

で、今回改めて白バラ牛乳でミルクティーを入れてみましたが、やはりかなり味等に違いが出るものだなと実感しました。

なお、今回ミルクティーを入れてみた条件は以下の通り。

  • 使用茶葉:クスミティーのアナスタシア
  • 茶葉の使用量は150mlに対して3グラムほど(ティーメジャー一杯分)
  • ミルクと紅茶の比率は紅茶:ミルク=2:1

上述の通り、「特濃4.5」にはお菓子っぽい風味があるのでやはりそれでミルクティーを入れとどうしてもミルクティーがお菓子っぽい風味になってしまいますね。

わたしはその風味が好きだからあえてそうしているわけですけども、おそらく「どうもこの風味は牛乳本来の味わいではないから違和感がある」等と文句を言う人もいると思います。

白バラ牛乳でミルクティーを入れた場合、特濃4.5でミルクティーを作った時のような「お菓子っぽさ」は皆無です。

それでいて「牛乳らしい濃厚感」をしっかりと感じることができます。

何とは言いませんが、他の牛乳でミルクティーを作ると「少し水っぽい」仕上がりになる木がしますが、白バラ牛乳でミルクティーを作るとそんなことがないのですな。

脂肪分も「少なすぎず多すぎず」いい感じで後味もくどくありません。

しっかりと味わってミルクティーを飲みたい人には白バラ牛乳がかなりおすすめですな。

おわりに

この記事は「白バラ牛乳はミルクティーを作るなら万能なんじゃないか?って思う件」と題してお送りしました。

今回は紅茶のレビューではなく、白バラ牛乳の味やしろバラ牛乳でミルクティーを入れるとどんな味わいになるかについて検証してみた次第。

濃厚4.5などの加工乳は濃厚ではありますが、その濃厚さはどうしてもお菓子っぽいものとなりますし後味も結構くどいので好き嫌いが分かれるでしょう。

対して、白バラ牛乳は牛乳らしい濃厚さをもっており後味もくどくありません。

美味しいミルクティーを飲みたい人は、白バラ牛乳でミルクティーを作ってみるといいと思います。

では!

参考記事等


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事