ロンネフェルトのモルゲンタウのんでみた。味や香りはどんなもんか。

「なんかロンネフェルトの扱っている商品にモルゲンタウっていうのがあるらしいね。どうも本国ドイツでは一番の人気商品らしいけど、どんな味なんだろうか?

一番人気って聞くとちょっと飲んでみたくはなるよね。

ただ、モルゲンタウって紅茶ではなくて緑茶なんだよな。

それは注意かね。

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ロンネフェルトのヌワラエリア飲んでみた。味とや香りはどんなもん?」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・ロンネフェルトのモルゲンタウの味等が気になっている人
・変わったお茶を探している人
・紅茶もいいがお茶も好きだという人
・話しのネタが欲しい人等

今回レビューしていくのはロンネフェルトのモルゲンタウになります。

まず最初に言っておかないといけないのですが、モルゲンタウは紅茶ではなくて緑茶です。

なので、今回のレビューに関しては紅茶ではないため星評価は致しません。

とはいえ、その味や香り等についての感想はできる限り詳細に触れていくつもりですので、気になったら飲んでみて下さいな。

なお紅茶が好きな人なら出来れば、ロンネフェルトから出ている紅茶の全てを飲んでみたいと思うでしょう。

なんせ、味についてはかなりの定評がある紅茶メーカーですからね。

が、正直、ドイツ国内の4つ星・5つ星ホテルの9割以上で提供されているという名だたる紅茶メーカーの商品だけあって全てのもうとすると金銭的には結構な負担です。

もし、ロンネフェルトの紅茶を幅広く飲んでみたいというのであれば、論ネフェルトのお試しセットを使って色んな種類の紅茶をとりあえずのんでみるのがいいでしょう。

このお試しセットでは、ロンネフェルトの紅茶を一度に3種類注文でき、一種類をまともに買うよりも断然お得に色んな味を楽しむことができかなりお得です。

もし、気に入った紅茶があったなら、次からはその紅茶をメインにすえることもできるため、非常に便利。

きっとその中に、「これはおいしすぎる!」という運命の茶葉と巡り合うかもしれません。

紅茶党の人には是非とも活用してほしいところですな。

ちなみに、わたしはいつも以下の記事のように紅茶を入れている次第。

正規の紅茶の入れ方について知りたい人は以下の記事を参照くだされ。

では、ゆるりとおおくりします。


モルゲンタウってどんなお茶?

モルゲンタウとは、ロンネフェルトのラインナップの一つで「中国茶にマンゴーの香りとバラの花びらがブレンドされた商品」だそうです。

そう、モルゲンタウはあくまでも緑茶なんですよね。

ちなみに、本国ドイツでは一番人気の商品だそうです。

※ロンネフェルトはドイツ発祥の紅茶メーカー。

てか、そもそもモルゲンタウってドイツ語で「朝露」なんよね。

どことなく、オシャレな名前ですわな。

あと、一番人気と言われると味の方が気になってきますわな。

原材料については以下の通り。

・中国緑茶
・バラの花(フランス産)
・矢車菊
・ヒマワリ
・香料

ふむ、香料の中にマンゴー風の香り成分がはいっているという事なんでしょうなあ。

てか、矢車菊は確かトワイニングのレディグレイにも入っていたはずですね。

どうでもいいけど思い出しましたわ。

味はすんでいて癖がない

では、まずはモルゲンタウの味について見ていきましょう。

モルゲンタウの味の大まかな印象は、「澄み切っていて癖がないが深いコクが感じられる」と言った印象です。

ハッキリ言いまして、渋みや苦みといったものはほぼ感じられません。

かといって、薄いというわけではなくきちんとコクがありますね。

とてもスッキリとした飲み口ですな。

モルゲンタウはお茶の種類としては、当然ですが緑茶に分類されますので紅茶とはまた違った味です。

とはいえ、紅茶党の人であっても何ら違和感なく飲める非常に良質なお茶です。

個人的に朝に少し大目に時間をとって、マーマレードを塗ったトーストと一緒にいただきたいようなそんな感じの味ですなあ。

香りはすこぶるフルーティーでかぐわしい

次に、モルゲンタウの香りについて見ていきましょうか。

モルゲンタウの香りの大まかな印象は、「非常に優しいフローラルな香りがする」と言った印象。

正直に告白しますと、モルゲンタウを飲む前のわたしは「まあ、緑茶がベースって感じだから香りはちょっとものたりないんじゃない?」なんて思っていました。

しかし、そんなことは全くなかったですね。

むしろ、ベースとなっている中国茶の爽やかなやや新緑を思わせる柔らかな香りにマンゴーやバラのフローラルな香りが上手いこと合流してとても気持ちのいい香りです。

後にも先にもこんな風味の緑茶を飲んだことは今回が初めてですね。

ちょっと、わたしの中での緑茶の概念が崩壊しましたよ。

なんてかぐわしく華やかな香りなのか、、、ってまあそんな感じです。

マンゴーの香りは結構主張が強いですから香りのブレンドの仕方を少しでも間違うと、緑茶の香りもバラの香りも全部マンゴーの香りにかきけされてしまう危険性があります。

しかし、このモルゲンタウでは「緑茶の瑞々しい青さ」と「マンゴーの南国を思わせる温かみのある甘い香り」、「上品なバラの香り」の3者がそれぞれバランスよく同居していて全体として実に独特かつ爽やかで温かい雰囲気を醸し出しているんです。

ちょっとねえ、この香りはいい意味で特徴的ですよ。

なんだろう、、、モルゲンタウの香水とかあったら買ってもいい気がしますね。

そのくらい気に入りましたわ。

完全に余談だけど、バレンタインに女性へプレゼントってことであげてもいいかもしれません。

残り香は思いのほか結構持続する

では、最後にモルゲンタウの残り香について見ていきましょう。

モルゲンタウの残り香の大まかな印象は、「思ったよりも爽快な香りが継続する」と言った印象ですね。

このモルゲンタウの香りは、マンゴーが使用されてはいるもののそこまで強い香りではありません。

ですので、香りの特性的に「おそらく飲んだ後にはすうっとすぐに引いていくんだろうなあ」と思ってしまうのが普通だと思うんですな。

しかし、その予想とは裏腹に結構その爽やかな独特の香りは結構飲んだ後も口内にとどまり続けてしばしの余韻に浸れます。

中々に趣深い残り香をしているなあって感じ。

結構こういったお茶は珍しいと思いますね。

おわりに


この記事は「ロンネフェルトのモルゲンタウのんでみた。味や香りはどんなもんか。」と題しておおくりしました。

今回のロンネフェルトのモルゲンタウに関しては紅茶ではなく緑茶でしたので、あえて星評価は致しませんが非常に秀逸な味や香りをした逸品であることは間違いないです。

そうですね、、、、紅茶で言ったら味と香り、残り香を各5点満点とした場合に平均して4.5以上はつけてもいいと思いますね。

実に素晴らしい味わいの緑茶であることは間違いないです!

何の責任もおえないけど、「わたしがモルゲンタウが美味しいことは保証する!」と何様感満々ですが言いたい気分になりますねえ。

あなたも気になったらなら是非。

では!


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事