「午後の紅茶ミルクティー」を飲んでみた。味はどんなものか?

「定番だけどやっぱり午後の紅茶がなんだかんだ一番好きかもしれん。熱い時でも寒い時でも安定して美味しいよねえ。やっぱ紅茶は午後の紅茶だわ。まあそれに凄く手軽だしね。」

ふむ、分からんではない。

午後の紅茶にはの味にはなんか安定感あるよね。

あんまり飽きが来ないっていうか。

オニギリス!

紅茶党ギタリストで心理カウンセラーのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ペットボトル入り紅茶の定番「午後の紅茶ミルクティー」を飲んでみた。味はどんなものか?」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

午後の紅茶の味等について他人の意見が気になる人

はい、今回取り上げる紅茶はもうペットボトル入り紅茶の定番中の定番である午後の紅茶のレビューをしてまいりたいと思います。

午後の紅茶は基本的にどこでも売っているので、かなり入手難易度が低い商品ですわね。

それでいて味等も安定していて飽きがあまり来ないのがいいところです。

さて、今回は改めてじっくり味を分析してみたいと思う次第。

なお以下の記事では、個人的に飲んでみて美味しかったペットボトル入り紅茶をランキング形式でまとめております。

おいしいペットボトル入り紅茶を探す役に立つかと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さいな。

では、ゆるりとおおくりします。

午後の紅茶ミルクティーってどういう商品なんじゃ?

まず、午後の紅茶ミルクティ―という商品がいったいどんな商品なのかについて見てみましょう。

午後の紅茶ミルクティーは、その名の通りキリンの販売する午後の紅茶シリーズのミルクティーです。

茶葉にはミルクと相性がいいことで知られるキャンディ種が20%使用されているとのこと。

キャンディ種等茶葉の品種については以下参照。

なお、午後の紅茶ミルクティーの原材料については以下の通り。

・牛乳(生乳(国産))
・砂糖、紅茶(キャンディ20%)、
・全粉乳、
・脱脂粉乳、
・デキストリン、
・食塩/香料
・乳化剤
・ビタミンC

この原材料を見て「ん?何でビタミンCが入ってんの?」と思った人がいたら目ざといですねえ。

ちゃんと理由があるんですよ。

詳しくは以下参照。

そして、キリンの公式サイトによると、午後の紅茶ミルクティーに使用されている茶葉の原産国は以下のようになっているそうな。

  • インドネシア
  • インド
  • ケニア
  • スリランカ

午後の紅茶ミルクティーのその他詳細について気になる人は公式サイトを見てみてください。
参考
https://products.kirin.co.jp/softdrink/softdrink/detail.html?id=5781#_ga=2.167182910.1446445634.1627650298-974548883.1627650298

午後の紅茶ミルクティーの味は甘味強め

では、まずは午後の紅茶の味から見ていくとしましょう。

味の第一印象としては、「結構甘味が強い」といった感じですかね。

とはいえ、舌にまとわりついて来るようなしつこい甘さではなくてスッキリした感じの甘さであるため、甘党でない人にもそれなりに受け入れられやすい味であろうと思います。

また、使用されているミルクもおそらく乳脂肪分がそこまで高いものではないですね。

舌に乳脂肪分のなめらかさを感じる事は出来るものの、しつこさがないのでスッキリしていてごくごく飲めます。

夏場に冷やしておいて飲むっていうのにも向いているかもしれません。

そして、おそらく茶葉についてはちゃんとコクのある良質なものを使っているのではないでしょうか?

ミルクの味わいにかき消されることなくちゃんとコクらしきものは感じ取れます。

まあ、もうちょっと個人的にはコクが前面に出ていてもいいかなって思いますけどね。

味のトータルバランスとしてはかなりバランスがいいと思います。

ロングセラーなだけあるかなって思ったりして。

なにより、空きがきにくい味だと思います。

ということで、味については星3.3ですかね。

午後の紅茶ミルクティーの香りは結構しっかりしてる

次は香りについて見ていきましょう。

午後の紅茶ミルクティーの香りは中々いいと思います。

というか、以前の印象とちょっと違う気がするんですよね、、、。

数年前の午後の紅茶ミルクティーってここまで茶葉の香りがしっかりしてなくて全体的に「甘いだけで薄っぺらいなあ~」みたいな印象だった気がします。

なんか茶葉やその調合を変えたのでしょうか?

午後の紅茶は今年で35年という事で結構気合入っているのでしょうかねえ、、、。

理由はよくわからないですが、香りはペットボトル入りの紅茶にしてはかなりいい線行っている気がします。

少なくとも、私の記憶に基づく限り数年前よりも断然今の方が美味しいです。

ということで、紅茶党の人はマイボトルに紅茶入れていくの忘れたら、コンビニとかで午後の紅茶買ってみるといいかもしれません。

てなわけで、香りに関しては星3.5ですかな。

午後の紅茶ミルクティーの残り香はスッキリ

最後に残り香について見ていきます。

午後の紅茶ミルクティーは飲んだ後も非常にスッキリとした印象です。

飲んだ後の香りの推移については、飲んだ後すぐにさっと引いていくというわけではなく少し余韻を残しつつもさっと引いていくって感じですな。

要は、飲んだ直後に「ん?香り消えるのはや!!」て感じるのではなく、「あー、まだ少し香りが残っているなあ」とかすかに香りの存在が感じられるといった具合なんですね。

、、、、まあ、これでも伝わるか怪しいけども堪忍。

残り香としては悪くないって思います。

ただ、もう少しだけ香りが強く残っていた方が
個人的には好きですかね。

という事で、午後の紅茶ミルクティーの残り香については星3.2でしょうかな。

おわりに


この記事は「ペットボトル入り紅茶の定番「午後の紅茶ミルクティー」を飲んでみた。味はどんなものか?」と題しておおくりしました。

午後の紅茶ミルクティーの総評は以下。

味:3.3

香り:3.

残り香:3.

午後の紅茶ミルクティーは、ロングセラーなだけあってか味等のバランスがいい印象です。

飽きの来ない味に仕上がっている気がしますね。

しかもわたしの記憶に基づくなら、明らかに数年前よりも今の方が美味しいと思います。

キリンさんの企業努力のたまものって事かなあ。

午後の紅茶シリーズを他にも飲んでみるかな。

味がどう変わったか楽しみじゃ。

では!

参考記事等


紅茶ランキング
クスミティーはフランスを代表する伝統と革新の紅茶

クスミティーは創業150年を誇るフランスを代表する老舗ティーブランド。

そのレシピは独創的でそのフレーバーはモダンで革新的。

クスミティーの全てのプロダクトは最高級の原料を使用し、フランスのワークショップで丁寧に製造されています。

その豊富なラインナップは一日の様々なシーンを優雅に彩ります。

また、茶葉の入っている缶は、可愛らしくも気品あふれておりインテリアや贈り物にも最適です。

クスミテイーで優雅なひと時を。



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事